上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高浜にアトリエを持つ金明姫さん
いつもブルーリーフのよき相談相手になってくれています。
先日も彼女とランチをしていて、夢を語り合いました。

ピースマスクプロジェクトで世界をまたに駆けてアクションされている
彼女と話をするのは私の大好きな時間。
いつも片手に世界地図を持ったような感覚で話が盛り上がります。
会話の中で夢は具体的に描かれていき、それに適している土地が高浜の他に
はないねって、二人でこの土地の持っている個性に身を震わせていました。

                                             
そんな私達の夢の一端を彼女の大親友であるサティシュクマールさんが英国の
シューマッハカレッジでもうすでにされています。
                                         
そのサティシュさんがただいま、来日されていて今度京都で
講演会があります。


私もこちらから車一台に仲間を詰めて向かいます。
もう一人くらいなら乗れるかな?
興味のある方は連絡どうぞ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サティシュ・クマールさんの講演会
地球巡礼~平和と健康を取り戻す新しい生き方~

●開催日時
2009年11月11日(水)18:30-20:30(18:00開場)

●会場
キャンパスプラザ京都 4階第3講義室(定員170名/通訳あり)
下京区西洞院通塩小路下る(JR京都駅徒歩3分・京都中央郵便局の西側)
http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585

●参加費
事前申込:1000円当日:1200円 学生:500円(但し中学生以下は無料)

●申込方法
maho0927@gmail.com宛に、「サティシュ講演会」というタイトルで、
お名前、ご住所、電話番号、E-mailアドレスをご記入ください。

<サティシュ・クマール/ SatishKumarのプロフィール>
地球巡礼者、思想家。1936年インド生まれ。9歳でジャイナ教の修行僧となり、
18歳の時還俗。マハトマ・ガンジーの非暴力と自立の思想に共鳴し、2年半か
けて核大国の首脳に核兵器の放棄を説く1万4千キロの平和巡礼を行う。
1973年に英国定住。現在はエコロジー&スピリチュアル雑誌「リサージェンス
(再生)」編集長を務める。またE・F・シューマッハー(イギリスの経済学者、
「スモール・イズ・ビューティフル」の著者)とガンジーの思想を引き継ぎ、
イギリス南西部にスモール・スクール「シューマッハー・カレッジ」を創設。
英国ダートムアの四季を舞台にサティシュの地球と自然への愛を描いた
BBCのドキュメンタリー映画「地球巡礼」が2008年1月に放映され、360万人
が視聴し、深い感銘を与えた。主な著書に「こわれかけたこの星に今して
あげられること」~地球巡礼というエコスピリチュアルな羅針盤~
(徳間書店2008年11月)、「君あり、故に我あり」~依存の宣言~
(講談社学術文庫2005年4月)などがある。

<プレイベントのご案内>
2009年10月20日(火)18:30より、キャンパスプラザ京都2F第2会議室で
BBCの地球巡礼(Earth Pilgrim)の上映会を致します。
当日は、「こわれかけたこの星に今してあげられること」を共同執筆された
エハン・デラヴィさんにもご参加いただき、サティシュのことを少しお話
いただく予定です。(参加費は実費で300円程度)

主催:サティシュ・クマールさんと交流する関西市民の会
共催:エコ村ネットワーキング

≪問い合わせ先≫ 090‐4426‐5648(今堀) maho0927@gmail.com
スポンサーサイト
もりくん
今、ブルーリーフのお手伝いをしてくれている友達の子供Mくんの絵が
障がいのある子供たちの絵画コンクール キラキラっとアート展でダイナミック賞を受賞しました。

本当にダイナミックでそれでいて優しくって、お友達っていう感じがしてしまう
この絵。Mくんがあるがままに感じたそのままが見事に表現されているように
思います。私はこういう根源的な力を持った作品が大好きです。
絵の世界を通して表現することの素晴らしさを教えてくれる力ある作品ですね。


Mくんのお母さんには次号からブルーリーフに「子育て奮闘記」の記事を書
いてもらうことになっています。Mくんもお母さんもとっても魅力的でこうして
ブルーリーフでご縁をつむげることがうれしいです。

次号どんな記事がアップされるのかお楽しみに☆ご期待ください。



2009.10.22 福井新聞
昨日の福井新聞に載りました。私は今、見ました。
わっ大きい!!しかもカラー♪福井新聞さん、ありがとうございます。

すでに反響がたくさんあって、道端で声をかけていただいたり
電話で問い合わせをいただいたりで、さすがマスメディアの力はすごいっ!!
ブルーリーフも近い将来、そんな発信力を持ちたいです。
R0010159.jpg

実はこの日は朝早くから養蜂家の見学、町長との謁見ミーティング、
青葉山の間伐下見・・と朝からめまぐるしく忙しくって実はこの写真を
撮っている時はかなりうつろな呆然状態。

本当はもう少しおしゃれして取材を受けようと思ってたんだけど
着替える余力も時間もなく、このような写真に至っています。
実は足元は長靴です(笑)


この写真を撮った15分前にはここに映っている青葉山中腹の森の中に
潜伏していたのですから仕方ないですよね。日が暮れるぎりぎりの時間
でダッシュで待ち合わせの海辺に到着。
なんとか青葉山との夕暮れツーショットが間に合いました。ほっ。


そのまま家に帰ったら「そんな格好で行ったんか~!?」と不憫がられる
始末・・・でもいいじゃない♪長靴をはいた猫、長くつ下のピッピ・・・・
けっこう長靴、縁起がいいかも。

http://www.fukuishimbun.co.jp/kazeblog/?p=445記事の詳細はこちらです。
インターナショナルフリーキッズ 青の里 こども村は延期となりました。
地域の行事と重なってしまい、申し訳ございません。

なお、10月31日のやまもも風のとおり道プロジェクト(森の間伐作業)は
予定どおり行います。

こちらもお子様大歓迎です。
ブルーリーフが所属している若狭森林の会さんとの間伐は
皮むき間伐といって、自然に木を枯らしてゆく間伐。女性や子供でも簡単に
できる間伐方法で気をつけていれば危険なことはありません。
私達は何度も子供と森でこの皮むき間伐作業をしています。

いずれはツリーハウスを作ろうとその土台となる下道づくり作業も
行います。どんぐり拾いがてらぜひいらしてください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

やまもも風のとおり道プロジェクト
森林ボランティアしませんか?
ツリーハウスも作りたいな。


やまもも
青葉山にある大きなやまもも

集合ばしょ 青葉山青少年旅行村
じかん   11時から
りょうきん 無料、要申込み

※ お弁当は各自持ってきてね。
      
ほんの昔まであった田畑を荒らすことのない動物達との共存した森に青葉山が
戻ってゆくことを願い動物達の貴重な食料源である「やまももの大木」に光を当
てる間伐作業を行います。
今回は兵庫県宝塚市の森林ボランティア「櫻守りの会」もお手伝いをしにわざ
わざ青葉山に来てくださいます。
青葉山の秋をぜひ堪能しにお越しください。

要予約です。

0770-52-6880 若狭森林の会
0770-72-1007 ガイド秋岡武治
0770-72-3145 ブルーリーフ





2009.10.13
10月連休最後はわかさ椿さんと綾部の日本みつばちの養蜂
家を訪ねてきました。

はちのす

こんな近くでハチの巣をみるのは初めて。日本ミツバチはとても性格が温厚で
滅多に攻撃をしてこないのだそう。そうは聞いても、はじめは怖かったのだけど
しばらくしても彼らは何もしてこないので私達もすっかりリラックスして最後には
まったく動じることなくミツバチさんがぶんぶん頭のまわりにいるところで平然と
お茶を飲んだりしていました。

みつろう
こちらはチーズみたいに大きかったみつろうです。

お庭でおいしい蜂蜜をいただいたり、色々ご馳走をいただき、とても楽しい
お昼間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。


そしてそのままホームグランド青葉山へ。
今月末に予定している「やまもも風のとおり道プロジェクト」の間伐下見です。

今回は皮むき間伐で行うので小さい子供も参加オーケー。
ついでにツリーハウスも作ろうという夢を描いてその土台となる木も探しました。

ツリー探し
下見に余念がありません。

まずははじめの一歩。青葉山の麓で「風の通り道プロジェクト」
森に通る風は私たち自身に通る風です。

どんな風が通るのか、楽しみです。
今日は青の里 日引棚田キャンドルの日でした。
53[1]
日本棚田百選に選ばれた棚田で、とても美しかったです。
家族と出向き、ブルーリーフのメンバーと語り、そして最後はひとりでゆっくり
棚田の中を歩いているといつのまにか足元が見えないくらい真っ暗でした。

ひと気がない田んぼの真ん中でひとり迷子めいていると、いつも役場でお世話
になっているNさんとばったり。
しばらく棚田を一緒に眺め、帰り道を教えていただきました。

日々、ブルーリーフにもアドバイスをくださりいつも助けてくださるNさん、
今宵もまた助けていただきました(笑)ありがとうございます。

それにしても真っ暗な田んぼの中のキャンドルナイト、予想以上に美しく
呆然としてしまいました。来年はキャンドルボランティアに参加しようと思います。

ボランティアさん、素敵な夜をありがとうございました。



IMG_6086.jpg
今日は青の里にあるお気に入りのお茶処をお教えします。
西国霊場29番青葉山松尾寺のすぐ目の前にある流々亭です。


福井県と京都府をまたぐ青葉山の麓のことを総称して青の里と呼ぶのですが
そんな結びの場所に配置されている流々亭、きっと何か意味があるのでしょうね。

北近畿ナンバー1のお茶処だと言って間違いありません。文句なしの心地
良さです。青の里にお越しの際はぜひ!!

しかもここの店主、とってもとっても素敵な人。
会っていただいたら誰もがうなずくほどの人のよさ。
誰からも愛される彼女の人柄がお店の雰囲気を尚更、心地よくさせます。

そんな流々亭の店主あねねちゃんも正式に本日ブルーリーフのメンバーとなり
ました。以前からお世話になってるし、何が正式かどうかそのラインは別にない
のだけれどね(笑)。
いつも美味しいお抹茶をありがとう。これからもよろしくです。


そしてまた、大切なインフォメーションです。
その素敵な流々亭でブルーリーフのメンバーによるアート二人展が今日から
始まりました。お二階の座敷にて美しい景色と共にどうぞお楽しみにお越しく
ださいませ。自然光の日差しを浴びるステンドグラスが素敵でした。


IMG_6101.jpg

この二人展のうちお一人は千葉県在住なのですが以前、彼女は青葉山ネイ
ティブ・クガミミの話を耳にしてからというものずっと、青葉山に魅せられていら
っしゃるまた特別なブルーリーフメンバー。今回の作品にも「クガミミの涙」とい
うステンドグラスと詩集の作品が展示してありました。

こうして遠くの方でも青葉山を感じてくださる方がおられると思うと不思議なご
縁を感じますね。時間も場所を越えてブルーリーフは様々なスピリットに支え
られています。

青葉山をめぐるご縁、明日はどなたとお会いするのだろう。
いつも楽しみでたまりません。







ブルーリーフのメンバーには実はオーストラリアの風を持つファミリーがいます。
可愛らしいハーフの3人の子供たちに文才を持つママと金髪と麦藁帽子が似
合うパパさんの5人家族。

今月のブルーリーフ主催インターナショナルフリーキッズ「青の里こども村」
(日程は10月24日に変更)の企画もこのオーストラリアファミリーがしてく
れています。

今日はそんなオーストラリアから見る高浜の風景と題してスティーブン&ルミの
文章を載せみました。どうぞご覧ください。

001[1]



~ 収穫の日 ~


高浜に引っ越してから、初めて我が家にも実りの秋がやってきた。4反もの我
が家の水田に黄色く色づいた稲穂が重たげに頭をたれ今か今かと収穫の時
を待っていた。
残暑厳しい9月の下旬、家族総出で稲刈りが始まった。祖父母が経営する牧
場で幼年期を羊の群れと過ごしたことのほかに、農作業には縁のなかった私
にも、当日、義父から直々声がかかった。義父は、持病の腰痛をいたわってく
れたのか、私にコンバインの操縦を教えようと買ってでた。機械に座っているだ
けなら、なんらあん摩機に座っているのと変わりはないであろうとたかをくくった
私は、私の日本語のつたなさに手を焼き、身振り手振りで手ほどきを試みる義
父の献身的な姿を横目に、胸中無精心をむさぶるのであった。

東に上った日がすでに頭上高く照りつける。ギアーと刈り取の上げ下げを一通
り覚えた私は、コンバインごと田に入った。ごうごうと鳴り響く機械音とともに、
目の前の稲穂が一挙になぎ倒され刈り取られていく。その後を蛙といなごが慌
てふためき逃げ回る。網と虫取り籠を手に子供達がはしゃぎ回る。農機具の重
労働をよそに私は腰に伝わる心地よい機械の振動に癒しをうけるのであった。
まったく農作業の機械化の進展には目を見張るものがある。しかし、汗水一滴
もたらさず稲穂を一束も手に取ることなく終える実りの収穫はどことなく味っけの
ないものだという気もする。
瞬く間に刈り終えた一反の田は、秋風に吹かれいかにも涼しげであった。

西日を背に、青葉山の輪郭が西の空に浮かび上がる。
潮風が汗のにじむ額に吹きつける。米百姓として送る余生も悪くはないかと、
帰路につくトラクターの上で一人物思いにふけるのであった。   

若狭高浜  スティーブン&ルミ   
2009.10.09 わかさ椿
今日は青の里の麓にある秋岡屋さんで地元名士の方とお会いしました。
ひとことに・・・感動しました!!
地元高浜で生まれ、高浜を愛し、高浜のローカルからグローバルに
自然との共生のためにアクションされている素晴らしい方でした。

自然を想う気持ちからご自分のスタイルを生かし、わかさ椿オイルの開発、
販売をしておられます。同じ町にこのような方がもうすでにアクションされている
ことは私たちブルーリーフにとって、とても心強く高浜の頼もしいお兄さんという
感じです。一気に話が盛り上がりました。

日本ミツバチのお話しやわかさ椿、馬頭観音、ヒビキ石、
縄文時代まで話はさかのぼりました。あっという間の3時間。
ありがとうございました。

日を重ねることに本当に高浜には、町を想い、自然を想う方々が
たくさんおられて嬉しさいっぱいです。

この町で今、夢を描くことができてブルーリーフは本当に幸せです。
今までこの町を大切にしてきてくださった沢山の方々に心より感謝申し上げ
ます。そしてまたこれからもその思いを持ち続けていただく中で、何かお手
伝いできることがありましたらブルーリーフは小さい力ではありますがぜひ
お声をかけてください。
そしてまだまだ青いブルーリーフに勉強させてください。
これからもよろしくお願いします。


今日は本当に嬉しい一日でした。
高浜、大好きです。


わかさ椿の詳細はこちらまでhttp://www.rakuchukobo.com/tubakikobo/
スローデザイン研究会の代表大岩剛一さんにはじめてお会いしたのは去年の
高浜シーズアースデイのこと。脇坂でわらの家づくりのワークショップを楽しん
だのを覚えています。

そしてまた、今年のシーズアースデイでも彼の「懐かしい住まい学講座」と
題したわくわくするようなお話を高浜で伺いました。

先日、海の見えるビューポイント脇坂にカフェができるという話しが新聞に載って
いましたが青葉山を想うものとして、地域に暮らしている人たちの笑顔が見たい
ものとして、できたら都会的で近代的なハコモノといわれるものよりも、親近感が
ありながら、でもやぼったくないお洒落なストロベイルハウス(わらの家)のよう
なカフェができたらいいなぁと心より思います。

main_soto[1]


03[1]

04[1]



大岩さんはご自身の著書の中でストロベイルハウスというデザインの事を
こう綴っています。

経済効率を最優先する社会が切り捨ててきたつながりや循環、小さなもの、
つつましいもの、ローカルなものに目を向けながら、住に関わるライフスタイル
全般を見直すためのデザイン。

人々が未来の暮らしに欠かせない素材としてストロベイルを選ぶのは、単に
環境や健康への負担が小さいからではない。住の意味を見直し、人と人、
人と自然、人と地域が本来のつながりを取り戻すのに格好な素材だからだ。

自然食通信社 「スローなカフェのつくりかた」より

土地が喜び、人が喜び、地域が喜ぶデザイン。
そんなデザインがあることを知り、私は驚きと嬉しさでいっぱいになりました。
まして、そんなスローデザインが高浜とすでにご縁があるとは。

地球につながる高浜を大好きな私は心より
脇坂にもそんなつながりある建物が建ってほしいと思います。


小さな思いだけれども、本当にここ高浜が好きだから
山にも海にも住んでいる人にも、心からもっと笑ってほしいから。
ブルーリーフは未来の子供達にそんな思いが反映したものを
手渡してゆきたいと願っています。

高浜が本当の意味で美しい町になってゆきますように。
そんな思いでこれからブルーリーフではこのスローデザイン研究会の大岩さん
を囲んでのお話し会をこれから企画してゆこうと思っています。

ぜひ皆さんも参加してください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。