上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.31 名田庄瓦
本日は、3/2(土)のまちづくりシンポジウムの説明に回っていました。
古民家など高浜の財産を活用していこうというものです。

役場のKさんといっしょに回っていて、ふと会場となる塩屋の瓦のことを思い出したので、ご紹介します。

20130131_01_20130204102701.jpg

高浜の古い民家の多くは、「名田庄瓦」という瓦を使っています。
現在のように、流通網が発達していなかった昭和初期頃までは、地域産の瓦が日本中で作られていました。
その内の1つが、名田庄瓦です。

とても質の良い粘土がとれることで瓦窯が作られたそうで、大工さんに話を聞くと、必ず出てくる瓦です。

遠くから見ると、一枚一枚で微妙に色味が違っていて、それがしっくりきます。
20130131_02.jpg

ここ塩屋も、1階の軒の瓦が名田庄瓦ではないかと思います。
均一ではない色。
現在の瓦は、同じ色、同じ形が原則でしょうが、昔の瓦は陶器と同じように、1枚1枚に表情があったんですね。

古民家。
その構造や建て方に目がいきがちですが、こうした瓦など、地の職人の技があちらこちらに発見できます。
ここでしか見られない1つ1つが違う表情を見せる古民家。
同じような造りなのに、なぜが飽きない家々です。

今のように、工場製品で、同一規格。
まったく同じものを作ることが評価される現在。
同じ家を造れば、まったく同じ家が建つ。
少し変えているようでも、どこか同じで飽きてくる。

一方、
ひとつ一つが大工や職人の手仕事。
同じ図面でも、どこか違う雰囲気をだだよわす建物達。
だから、町屋など同じ作り方の家が並んでいても、同じに見えない。
飽きない。
だから、長く大切に使っていこうと思う。
それは、ここにしかない唯一のもの。

地域の個性を大切にするとは、そんな精神なのかもしれません。
スポンサーサイト
2013.01.30 白山!
本日は、まちネット事務所がわいわいとにぎやかのようでした。
私は、朝からあちこち回って、出たり入ったり。

ふと、まちネットのTさんが居て、以前撮影した「白山」のことを思い出したので、ご紹介します。

昨年の11/25。
雨上がりの快晴の日。
綺麗に白山が見えていたようです。
高浜の難波江から、白山が見えたよ!と撮影したものを見せていただきました。

20130131_01.jpg

話には聞くのですが、はっきり高浜からの白山を見たのは初めて。
「あー、こんな風にみえるんですね」
冬を前に、素敵な贈り物をありがとうございました。
青の里農楽部にて無農薬栽培を熱心に取り組んでいるFさん。
昨年収穫できた黒豆で味噌づくりをしました。
昨日は、「皮むき」をしました。

20130129_02.jpg

こちらが無農薬で栽培した自慢の黒豆!
「黒豆は、無農薬じゃ作れない」といわれながらも、「そんなはずない」と挑戦したらしっかりできたのよ。
とFさん。


20130129_01.jpg

「昨年、味噌にしたらとても美味しかったので、今年はみんなで作るの!」
と楽しそうです。
青葉山パトロールの腕章が到着しました。

20130125_02.jpg

春から定期的に青葉山の登山道をパトロールしようと、青の里の青年部を中心に準備しています。

青葉山は、そこそこ有名な山で、毎年けっこうな人が登りに来ます。
最近は、登山ブームもあって、登山の方も増えているように思います。
山の環境を少しでも守りつつ、登山の方が気持ちよく登れるようにしていければと思います。

この腕章を見たら、気軽に声をかけてくださいね!

20130125_01.jpg

「693」は青葉山の標高です。
20130128_01.jpg

ストーブが事務所で大活躍しています。
朝、お湯を沸かして湯たんぽへ。
昼、蒸し器をセットして、サトイモや肉まんやシュウマイをいただきます。
もちろん、お餅も焼いてます。

石油ファンヒーター全盛時代ではありますが、子どもの頃を思い出すこんなストーブは、どこか心が落ち着きますね。

ん~と、パソコンとにらめっこの一日でした。
本日は、高浜地区で活用を考えている「塩屋(しおや)」の撮影をしてきました。
旧丹後街道沿いに建つ町屋建築。
中心市街地のまちづくり拠点にならないものかと考えています。

中には、こんな素敵な蔵がありました。
20130124_02.jpg
中は2階建て。
少し狭いですが、雰囲気があります。

20130124_03.jpg
2階には、こんな素敵な小窓もありました。


20130124_01.jpg
裏口から路地へ出ると、海(高浜漁港)が見えました。
中央には、気圧計です。
昔は、こうして毎朝、路地から海を見て、漁に出ようかどうしようか決めていたんですね。


こうした古民家を活用していこうと、3/2(土)午後、この塩屋でシンポジウムを企画中です。
2/15~3/3までは、ひなまつりも開催されています。
50軒以上あるひな飾りを楽しみながら、海辺の町を散歩してみてもいいんじゃないでしょうか。
きっと、懐かしい発見があると思います。
昨日、お蕎麦をご紹介したので、そのお蕎麦の元であるそば畑をご紹介します。
昨年11月22日にそば刈りをしたときの様子です。

20130123_05.jpg
天日干ししていたものもありました。


20130123_04.jpg
この棚田の一番上をそば畑としてお借りしています。


20130123_03.jpg
そば刈りをしていた今寺の集落で、豆を天日干ししているところを発見!
ん~美味しそうなお豆さんです。

20130123_02.jpg
こんな感じで吊されていました。


そして、気になっていた洗濯場をカシャリ。
20130123_01.jpg
昔はみんなこうした場所で洗濯やら野菜洗いなどしていたんですね。
とても雰囲気のある大好きな場所です。


20130123_07.jpg
ブサイクさん、冬になって姿がみえません。
「代理人」という方から年賀状が届くサプライズ!があったので、きっとご近所で元気にしているものと。


20130123_06.jpg
また会えるのが楽しみです。


冬になり、すっかり雪に覆われている今寺。
こんどはまっ白な今寺もご紹介します。
今寺に住むアーティストのKさんは、「雪の中を散歩するのが楽しいの」と高浜での初めての冬を楽しんでいるようすでした。
2013.01.22 そば
青の里では、「そば」づくりをしています。
自分たちで育てたソバの実をひいて、そばを手打ちしています。

研修生のIさんも蕎麦修行の成果が出てきました。
こんな見事な蕎麦を出せるまでに!

20130122_02.jpg
こちらは、先月、若狭高浜駅のコミュニティカフェレストランでお出しした物です。


20130122_01.jpg
こちらは、食楽部のYさんが作った「そば羊羹」。
こちらも美味しい!


無農薬で育てた蕎麦。
それを育て、収穫し、そばを打つ。
とっても美味しい里山の食卓です。

お店はまだないので、出張でご提供しています。
1/16(水)、新年最初の集まりがありました。

20130121_01.jpg

手づくりお菓子をいただきながら、ワイワイと。
春からの「青の里自然学校」のメニューを、ひとつ一つ出しながら、担当は○○さん、講師は○○さん、いつできるだろうか、これもある、あれと一緒はどうかなどなど。

春までにこんなことを何度も繰り返しながら、自然学校をはじめていこうと思います。


そんな自然学校のプログラムとして、Mさんが試験的にやってみた面白いプログラムを少しご紹介します。
昭和のはじめころまでは、まだまだ燃料は自給自足でした。
そのころ、日本の一大産地として若狭では、ランプなどの油を作っていました。
この油は、ランプの燃料の他、提灯や番傘の塗装剤にも使われるなど、用途は多岐にわたります。

その名は、「ころび油」

アブラギリという木の実から採取します。
青の里でもたくさんのアブラギリが植えられ、油を作っていました。
これをメニューにしようと、Mさんが秋のうちに木の実を集め、乾燥させてくれていました。
ありがとうございます。

そして、1/11に油しぼりの実験です。

20130121_02.jpg
ジャッキのようなしぼり機を借りてきて、「よいしょ!」


20130121_03.jpg
これがアブラキリの実です(殻を外したもの)


しぼると
20130121_04.jpg
こんなカスがでます。
これも有機堆肥として再利用の予定。


20130121_05.jpg
どろっとした茶色の液体が出てきます。


20130121_06.jpg
これをろ過すると、きれいな油に!
あ~、最初の一滴が落ちてくる~!!


秋に木の実を拾いに行って、冬に油しぼり、カスは堆肥として利用して、油は燃料や蜜蝋ロウソクに加工してみる予定です。
青の里では、耕作放棄地でレンゲを育て、蜂の巣箱を置いて、ハチミツ集めも計画中。
青の里で獲れた蜜蝋ところび油で、キャンドルづくり。
どんな色のキャンドルができるのか楽しみです。
きっと、すーと心に残る、暮らしの中に溶けこむ素敵な小物ができると思うので。

こんなプログラムを子ども達といっしょにできるといいなと思います。
あけましておめでとうございます。
今年も応援よろしくお願いいたします。

11/20以降、すっかりさぼってしまいました。
すみません。
個人的な大きな決断の時期でもあり、どうしても個人的なことが出すぎてしまうので、ちょっとお休みしてました。

2013年、実りおおい青の里にしたいと思います。
ほぼ日事務局長も再スタートいたします。


青の里のサトイモ達は、おかげさまでお正月前にすべて売り切れになりました。
遅くなりましたが、ありがとうございます。
雪が解けた3月から、ゴボウ掘りを再開予定です。

青の里では、シカの害が増えて困っています。
そこで、昨年の12月頃から獲れた「シカ」を活用しようと、青の里などで獲れたシカが食べられるお店開拓をしています。
小浜のキッチンブーさん(福井県立大学小浜キャンパス内)にご協力いただき、商品開発中でもあります。
是非、食べに行って見てください。
※まだ、常時置いている訳ではないですが、シカのたたき(ローストビーフ)やカレーなどなどあると思います。

2/24(日)10:00~15:00に、高浜で馬車の運行を行います。
旧丹後街道とひなまつりに合わせた運行です。
是非、近くに来られるときは、お立ち寄りください。


12月の中旬からすっかり雪に覆われた青の里です。
畑は、すっかりお休み中。
春からの作付けを考えないといけませんが。。。
春へ向けて、準備中という感じでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。