上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!


暖かい間は畑作業を特にがんばっていてくれたMくんが

念願の狩猟活動を行っています。

罠をかけて、シカやイノシシがかかるのを待つんだそうで、

動き始めてしばらくは「なんでかからないんだろう」とがっかりしていましたが

先日初めて、鹿が捕れたそうですよ(^^






モモ




ロース




フィレ

フィレってフィレステーキのフィレですね!美味しいのかな…♪




先輩に教えてもらい、部位別に冷凍したんだそうです。

初めての鹿は、炒め物やから揚げにして食べているみたいです。

脂身が少なめのヘルシーなお肉なので、好みは分かれるかもしれませんが

私は好きですよ。



楽しくて毎日山に確認に行っているMくんなのでした。


狩猟も、大人の自然学校ということで取り上げてみたいなあ・・・

こればっかりは鹿が捕れる想定をして日にちを設定、ということが難しいので

悩みどころですが・・・

興味のある方に山の現状や狩猟のことなどを知ってもらえる機会が

持てるといいなあと思います。
スポンサーサイト
2013.11.27 ころび
ふと事務所のガレージをのぞくと

ころびの実が、段ボール箱にどっさり入っていました。







聞くと、メンバーの方が拾ってきてくださったそうです。

ころびのことに関して熱心に取り組んでらっしゃるMさんに、今日お渡ししました(^^



ころびとはアブラギリのこと。

昔、この実をしぼって出た油を行燈や撥水剤に使用していたそうです。

若狭は全国的にも有名な産地だったそうで、

「小さいころによくコロビ拾いを手伝った」

というお年寄りの方もいらっしゃるんだとか・・・

それほど大きな産業だったんですね。

最近若狭の中でアブラギリ産業を復活させよう!と動いている地域がいくつか見られます。

未来を担う期待の植物なんですね♪
さてさて、前回の続きです。


スタッフ山田は、学校に戻る子どもたちについていきました。

調理室で、準備を整えて・・・



IMG_4821st.jpg


IMG_4825st.jpg


さといもを綺麗に洗います。

土を落として、ひげを取って・・・


IMG_4845st.jpg


お鍋に投入!



給食の時間に合わせて試食をしました(^^

私も一緒に給食を食べさせていただきました。



IMG_4861st.jpg


ゆであがったさといもです。

こちら、「衣かつぎ(きぬかつぎ)」という名前の料理だそうです。

皮がぺろっとむけて、手で持つところだけ皮が残るので

一部だけ皮がついている様子を、「衣かつぎ」という平安時代の女性の衣装になぞらえているんだそうです。

たしかに面白いくらいにぺろっと皮がむけますよ~

皮むきが面倒・・・という方は、ぜひ一度お試しください(^^



さあ、さといもを食べてみた子どもたちの反応は・・・

「ねばねばしてる!納豆みたい~!」

「味がない!」(塩味などはつけていなかったので)

「苦手~!」

「めちゃくちゃ美味しい!」

などなど・・・


とっても元気で素直な反応に、思わず笑ってしまいました(笑)

煮っ転がしなどのように味付けがされているものは食べたことがあったようですが

さといもをそのまんま食べる、という経験は、多くの子が初めてだったようです。

自分たちの地元の食材を、素材そのままで味わってもらえてよかったです(^^

中には気に入って何個もおかわりをする子もいました♪

お土産に持って帰ったさといもを、学校でつくったように衣かつぎにして

お母さんに食べてもらったという子もいたそうです。

頼もしいなあ~

今後も、子どもたちと地元のものや人をつなぐ活動を行っていきたいと思いました。
おはようございます。

少し前のお話になりますが、11月頭に

青の里地域の小学校、青郷小学校の2年生の子どもたちを畑にお迎えして

さといも掘り体験を行いました。


まず10月下旬に教室におじゃまして

「おいしいさといものひみつ」という題で、さといものお話をさせていただきました。

さといもって知ってる?どんな野菜かな

食べたことある?

という導入から・・・

さといもの葉っぱはどれでしょうクイズ!

さといもはどんな風になっているでしょうクイズ!

などなど、子どもたちと楽しくやりとりをしながら

「青葉山のさといもがおいしいひみつ」ということで

火山灰が含まれた土と、昼夜の気温差が大きいこと

という2つのひみつを伝えました。



当日、元気な子どもたちが高野の畑にやってきました。


IMG_9867st.jpg

IMG_9871st.jpg


まずはさといものお話のおさらいと、掘り方のレクチャー・・・


IMG_9891st.jpg


そしていよいよ、さといも掘りスタートです!

グループに分かれての活動、みんなで協力してがんばってくれましたよ(^^

さといもの茎を切るところから、自分たちでやってみます。


IMG_9889st.jpg


大きなスコップにもすぐに慣れて、上手に使いこなしていました。


IMG_9910st.jpg


30分もしない間に、それぞれのカゴはさといもでいっぱいに!

お土産用のさといもを自分たちで計測して、袋に入れて持ってかえります。


IMG_9940st.jpg


使い終わった道具たち。


IMG_9936st.jpg


の、後ろで集合写真を撮りました。

自然の中に子どもたちの笑顔が映えますね♪


IMG_9941st.jpg


子どもたちは元気に帰っていきました。

何度も後ろをふりかえって、ばいば~い!と言ってくれましたよ。



この後、子どもたちは学校にもどって

たった今掘ったばかりのさといもを試食したのです(^^

その様子は、次回の更新でお伝えしますね。

2013.11.20 色づく
おはようございます。

青葉山が色づいてきました。


長らく更新ができておらず、ごめんなさい(>_<)

スタッフの山田です。



昨日、一昨日とネイチャーゲームリーダー養成講座が福井県越前市で開催されました。

青の里からも、畑や狩猟の活動でがんばってくれているMくんが

新たにリーダー資格を取得するため、参加してくれました。

すでに資格を持っている私も、講座運営のお手伝いと、勉強に行ってきました。


講座が開催されたのは、越前市エコビレッジ交流センター

越前市の湯谷町(ゆやちょう)坂口(さかのくち)という、自然豊かな里山地域の中にある施設です。

(ちなみに、高浜町にも「湯谷」という地名があります。

高浜の場合は「ゆだに」と読みますが(^^)








施設のすぐ近くに公民館や学校があり

その裏には小さな山が。

天気がよく、紅葉もとてもきれいで

すばらしいシチュエーションの中での活動でした。



二日目の朝には・・・








絶妙なタイミングで、すばらしい日の出を見ることができました。

すこしずつ太陽が姿を現すところを、みんなで静かに見守りました。

太陽が顔を出すと、一気に空の色が青々とするんですね~!

田んぼの水面にうつる山と太陽もとってもきれいで

本当に感動的な時間でした。自然の中にぐぐっと入り込んでしまいました(^^

ボキャブラリーが少なく、うまくお伝えできないのが残念・・・(笑)









自然に囲まれたとても素敵な場所で

一泊二日のなかなかタイトなスケジュール!

最初はとても緊張していたMくんですが、

ネイチャーゲームを通して次第に気持ちがほぐれていったようで

帰るころにはとてもリラックスした状態で、「楽しかった!」と言っていました♪

私もあらためて自然やネイチャーゲームの魅力を再認識することができて

これから青の里地域でどんどんネイチャーゲームをしていきたいなと、モチベーションが上がりました。

北陸地域のさまざまな場所で活動をされているスタッフ、参加者のみなさんとのつながりもでき

お互いに刺激し合い助け合える仲間ができました。


これから寒くなっていきますが・・・

秋の青葉山でネイチャーゲーム。やってみようかな★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。