上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7/18は、夜、三松センターにて、青の里地球まるごと会議の全体会がありました。
第39回目となる定例会です。

20120718_03.jpg
お茶目に、代表のAさんはピースサインです。

<告知>

青の里自然学校チラシ

8/5(日)青の里自然学校「第一回しぜんあそび」開催します!
NPO法人自然楽校森んこの萩原さんを講師に、自然の「ふしぎ」「おもしろい」を発見する子ども企画です。
親子でいっしょにご参加いただけます。
今後も定期的に、自然学校を開校していく予定です。

参加料:200円/人
募集人数:15人
※小学4年生以下の場合は、保護者同伴でお願いします。
持ち物:昼食・水筒・着替え・帽子・あせふきタオル・しきもの

お申し込み・ご質問
青の里地球まるごと会議 担当:山田
aonosato@wakasa-takahama.tv



本日事務局長は、一日畑仕事中心。

20120718_02.jpg
この洗濯バサミでスイカの出来た時期を把握していくもくろみ。
かっこいいのと効率的かなと思って。。。
こんなこと考えるのが楽しいですね。


そして畑ライフをもっともっと楽しもうと、クーラーボックス&包丁を持参。
朝一番でとったマクワやスイカをお昼に楽しむ算段。
そんな、ランチをみんなでワイノワイノとしたいなー。
20120718_01.jpg


畑作業をしつつ、スイカとマクワの食育講座とかやりたいなーと思いつつ。
コンパネを緑に塗って、黒板にして、ちょっとスイカのお話しをした後、スイカやマクワを観察、そして実食。
木陰がほしいな。とか

体験ものは、コストパフォーマンスが悪いかなー。などなど。
雑念が多い。



さて、青の里の目指すところは、ネイチャートラストやハウジングトラストと重なるのではないかと最近考えます。
森や里山、100年以上受け継がれる農家、そして田畑。
どうやって残していけるのか。
私達は、残したい派です。

今作っている野菜の収益を、そうしたトラスト活動へまわしていけないだろうか?
そもそも、収益自体が不安なのに、まず、利益だしてからという議論もあるでしょうが、
私たちは、未熟な今、考えてもいいと思います。

田舎と都市は、つながっている。
都市に生活していると、あまり感じないこと。
でも、人の少ない田舎だと、結構考えること。

きちっと良いもの、安全なもの、選ばれるものを発信して、選ばれること。リピートしてもらうこと。
そして、人と人の出会いにより、思いが広がること。仲間が出来ること。
それが、結果として、「残すこと」につなげたい。

都会は、創るところ。創るイノベーション。
田舎は、残すところ。残すイノベーション。
かもしれない。

残すイノベーションは、きっとゆっくりと深く、遠くまで届く。
そんな感じがする。
農業は、人類で最も古い産業。
だから、最後まで残る産業であり、未来の産業であるはずです。
それは、歴史が証明してくれているから。


(English-language edition)
7/18, there was blue village meeting whole meeting in the 3 pine center night.
It is a regular meeting used as the 39th time.

20120718_03.jpg
Mr. A of representation is a peace sign playful.



青の里自然学校チラシ


Village [ of 8 / 5 (Sun.) blue ] natural school "the first natural play" holding is carried out!
It is the child plan which discovers to a lecturer "it is "wonderful" and interesting" for Mr. Hagiwara of NPO natural comfort school 森んこ. [ natural ]
You can participate together in parent and child.
A natural school is due to continue be opened periodically.


Entry fee : 200 yen/person
Collection number: 15 persons
* In below the fourth grader in an elementary school, I need your help accompanied by a guardian.
Property: hat [ lunch, a canteen, spare clothing and ] - Fade, wipe, towel - Spread, and it is a thing.
An application and a question
A conference is held the whole blue village earth まる. Charge: Yamada
aonosato@wakasa-takahama.tv



The director is an one-day field labor center today.

20120718_02.jpg
The intention which grasps the time in which the watermelon grew with these wash scissors.
Think a smart thing and efficient kana.
It is pleasant to consider such a thing.


And a cooler box & kitchen knife is brought in order to enjoy a field life much more.
Contrivance which enjoys at lunch the melon taken first thing in the morning and a watermelon.
I would like to make such lunch into [wainowaino] all together.

20120718_01.jpg


while doing field work -- the food education lecture of a watermelon or a melon -- while he would like to do.
applying a board green and making it a blackboard -- just for a moment -- the watermelon after talking, and the melon of a watermelon -- observation and real foods.
I want the shade of a tree.

An experience thing is kana with bad cost performance - etc.
There are many idle thoughts.




Now, I think these days that the place which a blue village aims at will overlap with the Nature trust or a housing trust.
Woods, a natural woodland, the farmhouse inherited in 100 or more, and fields.
How can it leave?
We would like to leave.

Can't the profit of the vegetables made now be turned to such trust activity?
first of all, although the profit itself is uneasy, they are profits first -- although there is probably also an argument of since it carries out, we think that we may think now [ unripe ].

The country and a city are connected.
Don't think too much that it is living to the city.
But think very well that it is the country with little people.

Exactly, send a good thing, a safe thing, and the thing chosen, and be chosen.
I have you repeat.
And a thought should spread by encounter of people and a person.
A friend does it.
I would like to tie it to "leaving" as a result.

A place [ it makes a city ].
The innovation to make.
A place [ it leaves the country ].
The innovation to leave.


Slowly, the innovation to leave is deep and surely arrives to a distance.
He has such a feeling.
Agriculture is the oldest industry in human beings.
Therefore, to the last, it must be the industry which remains and must be the industry of the future.
Because history proves it.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blueleaf01.blog91.fc2.com/tb.php/361-ba0455f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。