上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に引き続き、午前中は、堆肥用の草集め&アスパラ畑への草入れでした。

なかなかほっこりの作業ですが、土づくりがホント大切ですね。

20120808_03.jpg

代表のAさん、Iさんと3人での作業。
この、元キャベツ畑の草をすべて集めても、軽トラ6台分。
これをアスパラ畑へ入れても、まだ足りない。

ん~。こりゃ若者必要だね。
高齢化で、こうした手の掛かる作物は作られなくなっているんだろうなあ。


そして、お昼前!

初出荷用のスイカを収穫です。

20120808_05.jpg

このシマシマが濃くなったのが、収穫の目安。


20120808_04.jpg

そして、蔓の付け根が、くぼんできます。
蔓も瓜特有の収穫時期を告げる「茶色のシワ」や「巻きひげの枯れ」が見られます。

そして、そして、発見しました。
マクワ瓜と同じように、甘いスイカは、蔓を切ると蜜のような樹液が垂れてきます。
写真にも、垂れて乾いた跡があります。



20120808_06.jpg

いざ、量りへ。

5.45kgありました。

青の里の畑では、4.5kg~5.5kgほどのスイカが育っていますぞー。



午後、いくつかの打ち合わせを済ませ、事務作業へ。

ただ、畑の暑さで火照った体が、集中力を低下させます。

ならばと、以前から考えていた『特別なギフト』を試作してみることに。


20120808_08.jpg


「特別な人へ、里の旬を感じさせる世界でひとつのギフト」



クラフトのケースの内側に、高浜で染めた野染めの布。

そこには、青の里で25年間”自然栽培(無農薬・無添加・天日干し)”を続ける杜仲の葉を敷き詰めました。

青の里の畑で収穫した無農薬「黄金マクワ瓜」をひとつ。

青の里特別ギフト「アースアート」シリーズ。

自然物で作るアート作品のようなギフトです。


20120808_01.jpg

全体写真


20120808_02.jpg

クラフトのPOPを手に取ると、その下に杜仲茶のテトラTパックを20個詰めた袋が出てきます。

杜仲の葉は、フライパンで焙煎してお茶としても使えますし、お風呂の入浴剤に最適です。


里の恵みを十分に感じていただける、夏の特別なギフトいかがでしょうか。

1,500円(税込み・送料別)です。




さて、夜は、40回目の青の里地球まるごと会議の全体会でした。

資料準備してくれた研修生のYさん、ホントありがとう。

20120808_07.jpg

会議では、NPO法人化へ向けて、定款の確認をしました。

また、9/22の第2回青の里自然学校「隠れ家づくり」の場所について話し合っている時、とても印象的な言葉がありました。


「熊やイノシシなど獣の住みか(聖域)を荒らさないでほしい。」


森は今、植林で動物たちの食べ物がない。

偶然残った数少ない広葉樹の群落へ、獣たちが集まってくる。

そこへ人が入ると、獣たちは行き場を失い、さらに人里へ出るしかない。


猟師は、獣を捕って数の調整は考えるが、絶滅は絶対にさせない。

森へ無秩序に入ることは、獣を追い出し、絶滅させること。

人のエゴで、獣は悪者になり、姿を消していく。


そんなことは、私たちのやりたいことではない。

そのため、9/22は、当初考えていた場所ではなく、中山寺の近くの広葉樹の森(ココは大丈夫なとこ)をメンバーの方が提供してくれることになり、場所を変更して実施することになりました。

9/22(土) 青の里自然学校「隠れ家づくり」ご参加お待ちしていま~す。



※マクワ瓜のギフトセットは、完売しました!
ありがとうございます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blueleaf01.blog91.fc2.com/tb.php/378-40fc252c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。