上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は、高浜は「すし発祥の地」

20121001_02.jpg


高浜の青葉山麓は、大陸の玄関口として古くから人が移り住み、大陸と朝廷を結ぶ港町として栄えてきました。渡来人により伝えられた食文化は、海辺の町で花開き、御食国の中心として「塩」「魚」「すし」などが献上され、日本を代表するソウルフード「すし」も、高浜町が発祥の地と考えられています。

その理由は、1300年前の奈良の平城京跡より「若狭國遠敷郡青里御贄多比鮓壹かく(高浜町の青の里より鯛鮨を一壷献上)」と書かれた当時の商標伝票「木簡」が発掘されたことに端を発します。

日本最古の現物資料である「すしの木簡」。その登場は、各家庭で受け継がれる「焼き鯖ちらし鮨」、へしこをアレンジした「創作すし」、伝統的な「鯖寿司」など、現在も高浜で食べられる多彩な鮨、その食文化に深みを与えてくれたようです。


青葉山は、古来より人を惹きつけてきたパワースポットかもしれません。
良いものも、悪いものも、いろいろ惹きつける。
そんな歴史もまるごと発信していきたいですね。
きっと、それだけ魅力的な人も多くいる、集まるはずだから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blueleaf01.blog91.fc2.com/tb.php/412-37b41161

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。